プリウスのアジアンタイヤオススメを用途に合わせて紹介!

プリウスはトヨタのハイブリッドモデルを代表するモデルです。
もともと燃費性能が優れていたプリウスですが、年々磨きがかかっており、Eグレードにおいては、世界トップレベルのJC08モード燃費40.8km/Lが実現されています。

プリウスのタイヤサイズ

プリウスのタイヤサイズは、型式・年式によって異なります。まずは、タイヤサイズの紹介をしますので、愛車のタイヤサイズを確認してください。

◆Amazonの検索結果にリンクしています。

型式(年式) タイヤサイズ
DAA-ZVW50(平成27年~)
DAA-ZVW51(平成27年~)
DAA-ZVW55(平成27年~)
■純正サイズ
195/65R15
215/45R17

■インチアップサイズ
205/55R16
215/40R18
225/40R18
215/35R19
225/35R19
225/30R20

DAA-ZVW30(平成21年~平成27年) ■純正サイズ
195/65R15
215/45R17

■インチアップサイズ
205/55R16
215/40R18
215/35R19
225/30R20

DAA-ZVW30(G'S)(平成21年~平成27年) ■純正サイズ
215/40R18

■インチダウンサイズ
215/45R17

■インチアップサイズ
215/35R19
225/30R20

DAA-ZVW30(L)(平成21年~平成27年) ■純正サイズ
185/65R15

■インチアップサイズ
195/65R15
205/55R16
215/45R17

215/40R18
215/35R19
225/30R20

DAA-NHW20(平成17年~平成21年) ■純正サイズ
185/65R15
195/65R15

■インチアップサイズ
215/45R17

215/40R18
215/35R19

ZA-NHW20(平成17年~平成17年) ■純正サイズ
185/65R15
195/65R15

■インチアップサイズ
215/45R17

NHW11(平成13年~平成15年) ■純正サイズ
165/65R15

■インチアップサイズ
185/55R15

■特別仕様車
175/65R14

グレード、オプション等によりタイヤサイズは異なります。今装着されているタイヤサイズを確認するのが手っ取り早いですね。

タイヤサイズの確認方法は以下をご覧ください!

オススメのアジアンタイヤ

プリウス
(画像出典:カーセンサー)

タイヤサイズ別にオススメのアジアンタイヤをご紹介していきます。

175/65R14

HIFLY(ハイフライ)は、アメリカに拠点を置くユニコーンタイヤのブランドです。中国で製造されていることもあり、安価な商品が多く、評価が高いのが特徴です。
また、北米、ヨーロッパをはじめ現在世界各国で販売されています。取り扱い商品は、アメリカ合衆国運輸省の認定規格であるDOTをはじめ、欧州など各国の基準、規定に合格しています。

165/65R15

GRENLANDER(グリーンランダー)は中国のLongyue Tireのタイヤブランドです。昊華タイヤが2018年にLongyue Tireを買収したことにより、2018年の中国タイヤブランドランキングでは5位という結果に。世界140カ国以上で販売されている実績を持っています。

185/55R15

ZEETEX(ジーテックス)はUAEのドバイに拠点を置くプライベートブランドで、85ヵ所の国で販売されています。ZT1000は、耐久性に優れたスタンダードタイヤです。ドライブ中に生じる水と熱を分散することでタイヤへの負担を軽減しロングライフに貢献します。

185/65R15

ZEETEX(ジーテックス)はUAEのドバイに拠点を置くプライベートブランドで、85ヵ所の国で販売されています。ZT1000は、耐久性に優れたスタンダードタイヤです。ドライブ中に生じる水と熱を分散することでタイヤへの負担を軽減しロングライフに貢献します。

195/65R15

ROADSTONE(ロードストーン)は、韓国の大手タイヤメーカーNEXEN(ネクセン)のセカンドブランドとして、主に欧米市場に販売されています。ヨーロッパ規格であるETRTOをクリアした高品質タイヤです。
N blue ECO SH01(エヌブルーエコ エスエイチゼロワン)は、細かいトレッドデザインにより、排水性に優れ、濡れた路面でも高い制動力と直進安定性を発揮します。また燃費性能にも配慮されていますので、環境にもやさしいタイヤです。

205/55R16

GRENLANDER(グリーンランダー)は中国のLongyue Tireのタイヤブランドです。昊華タイヤが2018年にLongyue Tireを買収したことにより、2018年の中国タイヤブランドランキングでは5位という結果に。世界140カ国以上で販売されている実績を持っています。

215/45R17

NANKANG(ナンカン)は台湾のブランドです。製造は台湾、中国で行っており、アジアンタイヤの中では知名度は非常に高いブランドです。
NS-20は、NS-2の後継モデルとして、楽天やYahooなどでもランキング上位に入るなど、人気の商品です。

215/40R18

GRENLANDER(グリーンランダー)は中国のLongyue Tireのタイヤブランドです。昊華タイヤが2018年にLongyue Tireを買収したことにより、2018年の中国タイヤブランドランキングでは5位という結果に。世界140カ国以上で販売されている実績を持っています。

225/40R18

ZEETEX(ジーテックス)はUAEのドバイに拠点を置くプライベートブランドで、85ヵ所の国で販売されています。HP2000 vfmは、耐久性に優れたスタンダードタイヤです。ドライブ中に生じる水と熱を分散することでタイヤへの負担を軽減しロングライフに貢献します。

215/35R19

TRIANGLE(トライアングル)は、1976年に創業し40年の歴史をもつ中国のタイヤメーカーです。1993年にISO9001認証取得しDOT、ECE、CCC世界基準規格クリアしており、品質には問題ありません。また、優れたコストパフォーマンスで、世界シェア第14位という実績もあります。詳しくは、下記をご覧ください。

225/35R19

IMPERIAL(インスぺリアル)はヨーロッパに本拠地を置くタイヤメーカーです。製造は中国ですが、ヨーロッパおよび国際的な規制に従って設計および製造されていますので、品質は問題ありません。

225/30R20

NANKANG(ナンカン)は台湾のブランドです。製造は台湾、中国で行っており、アジアンタイヤの中では知名度は非常に高いブランドです。
NS-2は、楽天やYahooなどでもランキング上位に入るなど、人気の商品です。

総評

プリウスは、静粛性や乗り心地に優れた車種だと思います。基本的にはコンフォートタイヤを紹介したのですが、中にはスポーツタイヤもあります。例えば、20インチの低偏平タイヤだと、NS-2の方が引っ張りタイヤに向いているなど、そういった観点も取り入れています。

195/65R15の定番サイズは、ノア・ヴォクシーなどのミニバンにも採用されているタイヤサイズなので、認知度の高いタイヤサイズです。そのサイズが純正ということもあり、ROADSTONE(ロードストーン)を紹介しました。
非常に静粛性に優れており、エコタイヤに分類されるタイヤです。価格は最安ではないですが、一見の価値ありです。

その他安いアジアンタイヤは、調べていく中で、安定的に安く評判が比較的良いタイヤは、GRENLANDER(グリーンランダー)でした。中国製ではありますが、いまや中国製なんて日本中に溢れていますので、気にする必要はありません。

あとは、ZEETEX(ジーテックス)ですかね。
価格が安い事から、販売本数は多いこともあり、その分レビューも多くついていました。やはり利用したユーザーの声は、納得できますよね。

タイヤの持ち込み取付はタイヤフッドがおすすめ

プリウスにおすすめの激安のアジアンタイヤを紹介していましたが、ネットでタイヤを買う場合にチェックしておきたいのがTIREFOOD(タイヤフッド)というネット通販サイトです。タイヤフッドは、日本最多となる全国に4,700店ものタイヤ取付店が加盟しており、お近くの店舗を簡単に探すことができます。もちろん別サイトで買ったタイヤの持ち込み取付もOKです!




画像出典:タイヤフッド

ちなみにタイヤフッドでも、韓国のクムホなどのアジアンタイヤから、日本の各タイヤメーカー、ピレリやコンチネンタルまで幅広いアイテムが揃っています。タイヤフッドについて詳しく紹介していますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

オススメ車買取一括査定
カーセンサー
車買取・車査定情報が満載!カーセンサーは株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する車の総合情報サイトです。中古車の車買取・車査定の情報を全国各地から検索可能ですので、相場を知ってから普通自動車の買取はもちろんトラック買取も行えます。無料で複数店舗に中古車の車査定を依頼ができ、クルマを売却できます。
ズバット車買取比較
車買取の[最大10社]無料一括査定で愛車の査定額を徹底比較!手軽なネット査定で最高額がわかる!【ズバット 車買取】
ユーカーパック
車を売りたいユーザーから、車を買いたいユーザーに届くまでに、非常に多くの流通コスト、人件費がかかっています。この流通コストを大幅に削減する事で、買いたい人は安く、売りたい人は高くを実現するために作られたサービスです。一括査定で一番の課題である「電話が鳴りやまない」を解消したサービスとしても人気があります。
おすすめの記事