車買取ラボ 車を売るなら知っておくべき情報まとめ

愛車の売却は発生頻度の低いイベントであるため、ほとんどの人が初心者です。車の売却は正しい知識で買取業者や売却方法を選ぶことがとても重要です。実際のところ、車の売却は基本的な知識があれば簡単に損することなく行うことができます。

本サイトでは、車の売却を考えている方に少しでも高く車を売るための車買取店選びのアドバイスや知っておいた方がいい事前準備や書類などの情報をまとめています。買取店との交渉術もありますので、ぜひ参考にしてください。

車の売却方法

「そろそろ車を売ろうかな」と考えたときにあなたはどこで車を売りますか?次に購入する車が決まっている場合は、ディーラーや中古車販売店での下取りをイメージしている方が多いのではないでしょうか?

ガリバーやアップルなど、全国でとても多くの買取店がTVCMをしているにも関わらず、いまだに大半の人は車を下取りに出しています。

車の売却方法は大きく3つ

  • ディーラーで下取り
  • 買取店で売却
  • 個人間売買

ほとんどはこの3つから選択することになりますが、個人売買はトラブルも多く初心者にはおすすめできないため、このサイトでは紹介をしません。

結論から言うと、「下取り」よりも「買取店への売却」の方が高く買い取ってもらえる確率がかなり高くなります。しかし、現実にはほとんどの人が下取りを選択して、数万円~数十万円の損をしてしまっているのです。

下取りと買取の違い

自動車関係の業者に売却するという意味では、同じように考えがちですが、「下取り」と「買取」には大きな違いがあります。

下取りとは?

自動車ディーラーや中古車販売店から新しく車を購入する際に、今乗っている車の査定額を新しく購入する車の購入金額から差し引く買取方法です。

ポイントとしては、ディーラーの買取相場は中古車市場の価格を基準とした価格算出ではなく、「自社の基準」をベースに行っています。ですから、車種の人気や状態、季節要因などが買取店と比べて反映されにくく査定額が低くなりがちです。

もっともディーラーにとっては、新たに販売をする車から得られる利益も考えなければいけないため、結局のところ下取り額が高ければ、購入車の値引きは期待できないことになります。また、次の購入車の価格交渉が主題となるので、車の買取価格の交渉に集中できずに低い買取価格で妥協してしまうことも多いです。

下取りのメリット

  • 売るのと買うのが同じ会社なので手間は省けます。
  • ディーラーの場合同じブランドの高年式車であれば高い価格がつく。

下取りのデメリット

  • 買取相場を反映した高価買取は期待できない。
  • 事故車や不動車はほとんど下取ってくれない。

買取とは?

中古車の買取を専門とした業者で、買取店が買い取った車は中古車オークションや卸売りを経て、再び中古車として販売されます。最近では海外への輸出も盛んで、輸出に強い買取店により他社では価格のつかない車が思わぬ高値で買い取られることもあります。

ガリバーやアップル、ビッグモーターといったTVCMでもおなじみの大手企業が全国に展開していて、ビッグモーターは全国に300点以上の販売店舗があり、買い取った中古車を自社で再販できる強みで高価買取を実現しています。

買取店の特徴は、買取相場を基準とした査定額を設定するので、中古車市場の需要が価格に反映されます。そこから、各買取店の買い取った車の販売ルートにより、最終的な買取価格が設定されます。買取店によって、同じ車でも数万円~数十万円の価格差が生まれることもあります。したがって、最適な買取店を見つけることができれば最も高く売れる方法となります。

買取のメリット

  • 高値で売れる確率が高い。
  • 複数の買取店に査定依頼できるサービスが充実している。
  • 事故車や不動車でも売却することができる。

買取のデメリット

  • 季節や社会情勢により買取相場が下がることもある。
  • 乗り換えの場合は売る手間と買う手間が二重にかかる。

結論としては、愛車を高く売るには買取を選択すべきでしょう。なるべく多くの買取店と交渉をして相場の把握と、より高値で買い取ってくれる買取店を探すことが重要です。

買取店を選ぶ

あなたにピッタリの買取店とは?

車の車種や程度、状態によって「選ぶべき買取店」は変わります。買取店ごとに買い取った中古車を独自の販売ルートで販売するため、「輸入車に強い」「事故車・不動車に強い」「人気車に強い」といった特徴が生まれます。

大手買取店

ガリバーやアップルといった大手買取店は、その圧倒的な買取ボリュームと実績により、国内外に多くの販売ルートを持ち、バイヤーとも強いパイプを持っています。そのため一貫して高めの買取価格を出すことができるわけです。大手買取店は車種や年式、車の状態問わず必ず査定依頼をする方がいいでしょう。

ガリバー

中古車買取といえば、まず思いつくのがガリバーではないでしょうか。ガリバーの設立は1994年。設立20年で売上高1,000億円以上という大企業です。早くからフランチャイズ展開を取り入れ、店舗数を拡大したことが成功要因の一つと言えます。

全国約520の店舗で買取車両をスピード売却。在庫期間が短くなり管理コストが下がる分、高価買取が可能となるようです。日本全国での店舗展開、有名人を採用したCMも認知度拡大に貢献しており、認知度は非常に高い企業です。

ガリバーの強みは、カテゴリーに特化した店舗展開、個人売買の仲介サービス「ガリバーフリマ」や、月額固定費用で何度でも車を乗り換えられる「ノレル」を提供するなど、常に新しいサービスを展開しています。さらに、「働きがいのある会社」に6年連続ランクインされるなど、働く環境の整備にも力を入れています。


画像出典:ガリバー

事故車・不動車の買取店

大きな事故で修理不可能となった車でも買取店で売却することができます。事故車や不動車は、修復してからの販売や部品販売のルートを持っている買取店を選びましょう。一般の買取店で買い取れないといわれた車でも廃車費用を払って廃車する必要はありません。

事故車買取のタウ


画像出典:事故車買取のタウ

事故車買取の業界ではNo.1の実績を誇るのが「事故車買取のタウ」です。
驚くべきはその買取価格の高さです。

画像出典:事故車買取のタウ

高価買取の理由は、その販売ルートの多さです。事故車買取のタウは、世界120ヵ国以上の販売ネットワークを持っており、日本では価格がつかないような事故車や不動車でも高く買い取ることができます。

事故車買取のタウでは、約60秒で査定額がわかる業界初のオンライン事故車査定サービスがあるので気軽で簡単に愛車の買取価格を知ることができます。

廃車ドットコム


画像出典:廃車ドットコム

独自の販売ルートを使い過走行車や古くなった不動車でも高価買取の期待が持てる買取店です。

廃車ラボ


画像出典:廃車ラボ

廃車ラボは廃車予定の車の買取に力を入れています。廃車にするか買取かお得な方を提案してくれます。全国どこへでも引き取りに来てくれるネットワークも魅力です。

一括査定サイトがおすすめ

車種や車の状態によって選ぶべき買取店は様々ですが、「とにかく車を高く売りたい」、「手間もなるべくかけたくない」という人には、車買取店を複数比較してから売却することをおすすめします。

ただし、一社一社問い合わせて価格交渉をしていくのは至難の業だといえるでしょう。そういう人にとても便利な車一括査定サービスをご紹介します。

一括査定サービスとは、あなたの情報(住所や車種情報)を一度入力するだけで、近隣の買取店やおすすめの買取店を複数選択し、一斉に査定依頼ができるサービスです。

操作方法はとてもカンタンでカーセンサーネットでは最短90秒で完了します。

画像出典:カーセンサー

複数の買取店が競合することで、より高い買取価格が期待できます。買い取ってなんぼの買取店は、ライバル店に負けない価格をだすように高い買取価格を提示してくれるでしょう。

サービス利用はすべて無料
サービス利用料は一切かかりません。しかも無料で出張査定してくれる買取店がほとんどなので気軽に試すことができます。一括査定サイトを運営している会社は大手企業ばかりなので、登録している買取店は厳しい審査を通った優良企業ですので更に安心です。

査定依頼後は買取店からかかってくる電話にでて、出張査定のスケジュールを決めるだけのシンプルなサービスなので初めての人でも安心して利用できます。

カーセンサーnet


カーセンサーと聞くと、中古車販売の超大手サイトを思い浮かべるのではないでしょうか。その他にも、カー用品通販・保険ローン・車検・車買取など様々なコンテンツを提供しています。運営会社は、リクルートということもあり、車以外も幅広くサービスを展開しています。

その中でも、車買取の一括査定サービスについては、業界トップクラスの高評価を得ています。また、同時査定依頼数30社は業界No.1です。運営会社がリクルートということもあり信頼性が高いようです。

ズバット車買取

ズバット車買取は、株式会社ウェブクルーが運営しているサービスです。設立は1999年で、資本金は1億円 (2019年3月末現在)です。車の売却や買い替えを検討しているユーザーに車の一括査定依頼サービスを提供しています。

ズバット車買取比較サイト上で車の情報を入力すると、200社以上の業者から最大で10社の車買取会社にまとめて査定依頼することが可能です。お客様満足度、高価買取、信頼と安心の比較サイトの3部門でNo.1を達成している超大手サイトです。

楽天Car

楽天Carは、言うまでもありませんが、株式会社楽天が運営している車買取一括査定サービスです。楽天Carは情報を入力するだけで、100社以上の車買取業者に一括で査定を依頼する事が出来るサービスです。

見積り査定の申込みをすればもれなく5ポイント、その後、成約(車を売却)した方には、さらに1,500ポイントの楽天ポイントプレゼントキャンペーンを実施中です。(※期間がある場合ありますので、サイトでご確認下さい。)

ユーカーパック

商品の売買が発生する際は、個人ユーザーの手元に届くまでに、運送会社も含め、色々な業者を介して届いているのはご存じかと思います。車についても同様で、車を売りたいユーザーから、車を買いたいユーザーに届くまでに、非常に多くの流通コスト、人件費がかかっています。

この流通コストを大幅に削減する事で、買いたい人は安く、売りたい人は高くを実現するために作られたサービスです。後ほど詳しくご説明しますが、一括査定で一番の課題である「電話対応が大変」を解消したサービスとしても人気があります。


画像出典:ユーカーパック

「複数社との商談が大変」というのは、一括査定の最大の課題といって過言はないと思います。10社に対し、一括査定を行えば、10社と商談する必要があります。日程の調整や金額交渉など、結構時間を要します。

車買取業者は、一括査定サイトから申し込み情報を購入して商談しているので、利益を出すためにも必死にユーザーへアプローチしてきます。一度に複数の業者へアプローチ出来るのは、一括査定の魅力でもあり欠点でもあります。

ユーカーパックでは、ユーカーパック提携の査定員が車の査定を行い車両をデータ化することで何度も査定をする必要がありません。そのデータを各社に送信する事で、査定したことと同じ意味を成すため査定は1度だけです。

事前に買取相場を知ることも可能

一括査定依頼をする前に、愛車の大体の相場を知っておくことも重要です。買取相場を事前に知っておくことでその後の価格交渉も余裕を持って臨むことができます。

一括査定サイトでは、査定依頼だけでなく各社の査定見積りをもらうことができますので是非試してみてください。一括査定.comでは、車の買取価格・査定相場を一覧で分かりやすく公開しています。

下記の手順で確認出来ますので、試してみてください。

①一番下のメニューにある「車買取・車査定の一括査定.com」をクリックします。

②メニューにある「車買取相場」をクリックします。

③左メニューあるメーカー名から該当メーカーを選択します。


(画像出典:一括査定.com)

下記ボタンより該当ページに行きますので、参考にご覧ください。

上手な車買取相場の調べ方と高く売れる価格交渉の心得

車の売却に必要な書類

普通自動車の売却に必要な書類

  • 1.自動車検査証(車検証)
  • 2.自動車納税証明書
  • 3.実印
  • 4.印鑑証明書
  • 5.自賠責保険証
  • 6.リサイクル券
  • 7.住民票(車検証と現住所が異なる場合)
  • 8.譲渡証明書(買取店が用意してくれます)
  • 9.委任状(買取店が用意してくれます)

軽自動車の売却に必要な書類

  • 1.自動車検査証(車検証)
  • 2.軽自動車納税証明書
  • 3.印鑑(認印でも可)
  • 4.自賠責保険証
  • 5.リサイクル券
  • 6. 住民票の写し(その他、現住所を証明できる書類)
  • 7. 自動車検査証記入申請書(買取店が用意)
オススメ車買取一括査定
カーセンサー
車買取・車査定情報が満載!カーセンサーは株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する車の総合情報サイトです。中古車の車買取・車査定の情報を全国各地から検索可能ですので、相場を知ってから普通自動車の買取はもちろんトラック買取も行えます。無料で複数店舗に中古車の車査定を依頼ができ、クルマを売却できます。
ズバット車買取比較
車買取の[最大10社]無料一括査定で愛車の査定額を徹底比較!手軽なネット査定で最高額がわかる!【ズバット 車買取】
ユーカーパック
車を売りたいユーザーから、車を買いたいユーザーに届くまでに、非常に多くの流通コスト、人件費がかかっています。この流通コストを大幅に削減する事で、買いたい人は安く、売りたい人は高くを実現するために作られたサービスです。一括査定で一番の課題である「電話が鳴りやまない」を解消したサービスとしても人気があります。
おすすめの記事