ホンダN-BOXのおすすめアジアンタイヤと適合タイヤサイズをご紹介!

この記事ではホンダN-BOXの適合タイヤサイズ(純正・インチアップ)と、激安のおすすめアジアンタイヤを紹介します!N-BOXのタイヤサイズを調べるのと合わせて、タイヤ交換を安くすませることができるアジアンタイヤのこともぜひ知ってください。

ホンダN-BOXのタイヤサイズ

ホンダN-BOXのタイヤサイズは、型式・年式によって異なります。まずは、タイヤサイズの紹介をしますので、愛車のタイヤサイズを確認してください。
◆Amazonの検索結果にリンクしています。

型式(年式)タイヤサイズ

DBA-JF3(平成29年~)
DBA-JF4(平成29年~)
■純正サイズ
155/65R14
■インチアップサイズ
165/55R15
165/45R16
165/50R16
165/35R17
165/40R17
DBA-JF1(NA)
(平成23年~平成29年)
DBA-JF2(NA)
(平成23年~平成29年)
■純正サイズ
145/80R13
155/65R14
■インチアップサイズ
165/55R15
165/45R16
165/50R16
165/35R17
165/40R17
165/35R18
165/40R18
DBA-JF1(ターボ)
(平成24年~平成29年)
DBA-JF2(ターボ)
(平成23年~平成29年)
■純正サイズ
155/65R14
■インチアップサイズ
165/55R15
165/45R16
165/50R16
165/35R17
165/40R17
165/35R18
165/40R18

グレード、オプション等によりタイヤサイズは異なります。間違えないように、今装着されているタイヤサイズを必ず確認しましょう。

タイヤサイズの確認方法は以下をご覧ください!

N-BOXにオススメのアジアンタイヤ


画像出典:価格.com

タイヤサイズ別にオススメのアジアンタイヤをご紹介していきます。日本ではあまり知られていなくても、世界各国で販売実績のある高品質タイヤばかりなので安心してください。

初めてアジアンタイヤを検討する人、「価格は安いけど品質は大丈夫なの?」と不安のある人は、この記事を読んでみてください。アジアンタイヤが安心できるタイヤだということがご理解いただけると思います。
https://a-carlife.net/%e3%80%90asian-tire-hanashi/

サイズ毎に一つずつアジアンタイヤを紹介していますが、各メーカーがほぼ全てのタイヤサイズを販売していますので、気になるメーカーがあった場合は、ECサイトに入ってからサイズ検索をしてみてください。

145/80R13

HIFLY(ハイフライ)はアメリカのユニコーンタイヤ社のタイヤブランドです。HIFLYタイヤは中国工場で生産し、北米、ヨーロッパをはじめ現在世界各国で販売されている人気商品です。アメリカ合衆国運輸省の認定規格であるDOTをはじめ、欧州など各国の基準、規定に合格しています。日本でも人気急上昇中のタイヤです。

155/65R14

GRENLANDER(グリンランダー)は中国のLongyue Tireのタイヤブランドです。昊華タイヤが2018年にLongyue Tireを買収したことにより、2018年の中国タイヤブランドランキングでは5位という結果に。世界140カ国以上で販売されている実績を持っています。

165/55R15

ATRはインドネシアの有名タイヤメーカーです。アメリカや日本のカーレースに参戦し上位に入るなど、品質の高さは間違いなしです。Economist ATR-Kのコンセプトは、転がり抵抗を抑え、耐久性重視のロングライフ設計。燃費とタイヤの持ちが良くお財布に優しいタイヤです。

165/45R16

すでに日本でも愛用者が多い、1960年設立の韓国のタイヤメーカーです。その品質はかなり確かなもので、世界各国の自動車メーカーの新車装着タイヤに数多く採用されています。ECSTA HS51は高い静粛性と優れた運動性能を高次元で調和させ、あらゆる路面で快適なドライビングを提供するハイバランスコンフォートタイヤです。

165/50R16

ZEETEXは世界85ヵ国で販売されているドバイのタイヤメーカーです。安全性はもちろん、乗り心地と静粛性低に加え、地球環境への配慮をポリシーに低価格でロングライフのタイヤを供給しています。ZT1000は耐久性に優れたスタンダードタイヤで、ドライブ中に生じる水と熱を分散するパターンを採用することでタイヤへの負担を軽減しロングライフを実現しています。日本でも利用者が多いアジアンタイヤのひとつです。

165/35R17

NANKANG(ナンカン)は台湾の大手タイヤメーカーです。日本でもかなりの本数を販売しており、知名度も非常に高いブランドです。日本市場を意識した開発が特徴で、特にスタッドレスタイヤは日本でのテストを繰り返し開発しています。NS-20はナンカンのフラッグシップモデル。高い走行性能と静粛性・快適性を併せ持つ、選んで間違いなしのプレミアムタイヤです。

165/40R17

フロンウェイは中国の人気タイヤメーカーです。日本ではタイヤ販売大手のタイヤ激安王さんなどが販売している人気急上昇中のタイヤです。EURUS 08は左右非対称のパターンにより、高い静粛性とハンドリング性能を実現しています。

165/35R18

特徴的なこのサイズは台湾の大手メーカーであるナンカンの独壇場です。日本でも利用者がかなり多いタイヤメーカーなので安心して使えます。AS-1はナンカンでも人気のあるコンフォートタイヤで、ウェット性能とハンドリング性能、そしてスポーティーな走行にも対応する万能型のコンフォートタイヤです。ミニバンやセダンにも愛用者が多いタイヤです。

総評

N-BOXは、洗練されたデザインが好評で大ヒットとなった軽ワゴンです。ホンダらしく走りは抜群。広い室内と充実した装備に加え、高い安全性能にも注目です。カスタムをしておしゃれに乗る人も多いですね!

調べていく中で、13インチから18インチのサイズがありますが、サイズが大きくなるほどアジアンタイヤの価格面のメリットが出てくると思いました。

インチアップサイズの165/55R15をAmazonで調べていると、ブリヂストンの人気低燃費タイヤ 「ECOPIA(エコピア)NH100C」の販売価格が9,080円【2021年2月1日現在】でしたが、アジアンタイヤの「Economist ATR-K」は3,340円と、15インチでも1本あたり5,740円の価格差がありました。4本で何と22,960円もの差になります。実にアジアンタイヤなら2回買えてしまうほどの価格差です。

日本のタイヤメーカーでも中国の工場で生産されているものなどは、もっと安いものがありますが、アジアンタイヤの安さの目安にはなると思います。

N-BOXの持ち込み取付はタイヤフッドがおすすめ

N-BOXにおすすめの激安のアジアンタイヤを紹介していましたが、ネットでタイヤを買う場合にチェックしておきたいのがTIREFOOD(タイヤフッド)というネット通販サイトです。タイヤフッドは、日本最多となる全国に4,700店ものタイヤ取付店が加盟しており、お近くの店舗を簡単に探すことができます。もちろん別サイトで買ったタイヤの持ち込み取付もOKです!




画像出典:タイヤフッド

ちなみにタイヤフッドでも、韓国のクムホなどのアジアンタイヤから、日本の各タイヤメーカー、ピレリやコンチネンタルまで幅広いアイテムが揃っています。タイヤフッドについて詳しく紹介していますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

オススメ車買取一括査定
カーセンサー
車買取・車査定情報が満載!カーセンサーは株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する車の総合情報サイトです。中古車の車買取・車査定の情報を全国各地から検索可能ですので、相場を知ってから普通自動車の買取はもちろんトラック買取も行えます。無料で複数店舗に中古車の車査定を依頼ができ、クルマを売却できます。
ズバット車買取比較
車買取の[最大10社]無料一括査定で愛車の査定額を徹底比較!手軽なネット査定で最高額がわかる!【ズバット 車買取】
ユーカーパック
車を売りたいユーザーから、車を買いたいユーザーに届くまでに、非常に多くの流通コスト、人件費がかかっています。この流通コストを大幅に削減する事で、買いたい人は安く、売りたい人は高くを実現するために作られたサービスです。一括査定で一番の課題である「電話が鳴りやまない」を解消したサービスとしても人気があります。
おすすめの記事