愛車を売却するなら少しでも高く買い取ってもらいたいものです。車を査定するのは買取店の査定士ですが、査定士との交渉や立ち振る舞いのポイントを抑えるだけで査定額がアップする可能性があります。ここでは、愛車の査定を受ける時に知っておくべき交渉術や心得を紹介します。

愛車を大切に乗っていたことを強くアピールする


査定士も人間です。愛車への愛情やこだわりをしっかり伝えることでプラスアルファの査定額アップは十分期待できます。大切に乗られていた車であれば、定期的なメンテナンスも施され、機関などの状態がいいだろうと連想できます。また、サンルーフやレザーシートなどの純正オプションで付けた装備品もしっかりアピールしてください。

  • オイル交換やメンテナンスの頻度
  • 純正オプション(サンルーフ、カーナビなど)
  • エアロパーツやアルミホイールなどの装備品
  • 外装、内装のキレイさ手入れの仕方
  • 特別仕様車、限定モデル、コラボモデル

上記のような、愛車のアピールポイントはすべて伝え、こだわりや愛車の価値を熱意をもって伝えましょう。パーツひとつで買取金額が変わるのか疑問に思うかもしれませんが、パーツの金額よりも重要な、「愛車の扱い方がよかった」と車の程度の良さを査定士に認識してもらえるはずです。些細な情報でも、しっかりと査定士に伝えて愛車のアピールをしてください。

「買取価格しだいではすぐに売る」引き渡し日の条件を提示する

こちらも買取店の査定士との交渉では非常に重要になる心得です。「自分の愛車を高く評価してくれる」買取店になら、すぐにでも売ってもいいというスタンスを査定士にしっかりアピールしましょう。「すぐに売ってもいい」という所の重要な点は、買取店にいつ車を引き渡すかの条件交渉につながります。

買取店は査定をした車をなるべく早く引き取りたいと考えています。

そこには車の査定額に影響する重要な項目が係るからです。

  • 年式が落ちる可能性
  • 残りの車検有効期限が減る
  • 走行距離が増える
  • 事故の可能性、傷やへこみができる
  • 新モデルの発表による相場の急降下

査定をした時から、時間がたてばたつほどこれらのリスクが発生する可能性が高まるからです。リスクが発生した場合、実際に提示した査定金額では、利益が生めない状況になるため、それを回避するために査定した車はなるべく早く引き取って再販をしたいと考えています。ですから、「すぐにでも売る」、「何日後に引き渡せる」を明確に伝えることで、買取店は適正かつ強気の査定金額を提示できるようになります。または、「引き渡し日の要望を飲むからプラス査定してほしい」とリクエストすることもかなり有効です。

他社にも査定依頼をしていることを伝える

他店にも査定依頼をしていることを伝えると、査定士への心証を悪くするのでは?査定額が下がるのでは?と思われる方もいると思いますが、今は車の売却で複数の買取店と交渉することは常識となっており、査定士もそれを十分に承知して査定額の提示と交渉を行っています。

カーセンサーネットや楽天Car、グーネットなどの車関連のサイトでは、複数の買取店に同時に査定依頼ができる一括査定サービスが提供されており、複数の買取店が価格競争をしながら車を買い取ることが当たり前になっています。したがって、買取店の査定士には、他社とも比較検討していることをはっきりと伝え、「条件が合えば、あなたに売る」という意思表示をしてください。それにより、査定士に買取相場を大きく下回る価格を提示されたりするリスクを回避できるだけでなく、競争原理によりプラスアルファの査定額をゲットできるかもしれません。

他社の買取金額を伝えるタイミングが重要

複数の買取店に買取依頼を行っている場合、査定士から「他社の提示金額」を聞かれる場合があります。これについては、買取価格の競い合いをしてもらうためにも伝えるといいのですが、伝えるタイミングを間違わないでください。

伝えるのは、査定士が買取金額を提示した後

査定士から買取金額を聞く前に他社の金額を伝えてしまうと、本来はその価格より数万円高く提示しようとしていた提示額を減額される可能性が生まれます。他社の買取金額が安かった場合、「なぜ他社は自分の提示額より安いのか?」「自分の気づかなかった傷や欠陥を見つけたのか?」と自分の見積もった査定金額を低く再算出してしまいます。ですから、他社に買取金額を伝える場合は、必ず先に提示金額を聞いてから交渉の材料として伝えるようにしましょう。他社の買取金額を伝えたうえで、「あと少し上乗せしてくれたら、対応の良かったあなたに売るのを即決します」と意思表示すれば、かなりの確率で査定額はアップするでしょう。

査定時には必ず立ち会う

買取店の査定を待っているときに立ち会うべきかどうかを悩む人も結構いるようです。結論から言えば、査定には必ず立ち会ってください。先述した車へのこだわりや愛着を伝えるのは、査定中に査定士と愛車を一緒に見ながら行うことが鉄則です。また、「査定士から傷やへこみがいつできたのか?」「どんな事故だったのか?」「この装備はいくらで買ったのか?」など、査定士の疑問点もすぐさま解消できるメリットは大きいです。

オイル交換やメンテナンスの頻度や内容をこの時にしっかり伝えるようにしましょう。また、同時に複数の買取店から査定を受ける場合も増えていますが、その際は特にその場を離れないようにしましょう。あなたの愛車へのこだわりや愛着、本気度が伝わらないままに査定士の間で買取相場が形成されることを防ぐためです。

より多くの買取店の査定を受けることが重要

最後に最も重要なのが、「買取店選び」です。各社とも自社の査定基準を持ち、厳しく車の状態をチェックし買取価格を設定しますが、買取価格を左右するのは、「車の状態」だけではありません。買い取られた車は、整備と加修をされそこから中古車として、オークションや中古車販売店、海外などに再販されていきます。

仮に基準となる査定額が各社同じであったとしても、その後の再販ルートは買取店によって様々です。日本では需要の少ない10年落ちの車であっても海外では依然現役で走り、高値で売買されているケースも少なくありません。そのような場合は、海外への強い販売ルートを持つ買取店が他店よりも高い買取価格をつけてくれるケースが多くなります。

買取店選びは一括査定サービスがおすすめ

しかし、そんな市場の変化や最適な買取店を一般人が見分けられるわけがありません。安易に買取店を選び、数万円~数十万円の損失が発生することも避けたいところです。そんな人に絶対おすすめなのが、一括査定サービスを利用することです。

一括査定サービスとは、一度の情報入力をするだけで、一社から数十社まで一斉に出張査定の依頼ができるサービスです。カーセンサーNetや楽天などがサービスを提供していて、大手買取店や輸出に強い買取店、事故車を高く買い取る買取店など、全国の様々な買取店がこのサービスに登録しています。

サービス利用はすべて無料

システム利用料は一切かかりません。しかも無料で出張査定してくれる買取店がほとんどなので、気軽に試すことができます。一括査定サイトを運営している会社は大手企業ばかりなので、登録している買取店は厳しい審査を通った優良企業ばかりですので更に安心です。高価買取を目指すなら、是非とも試した方がいいサービスです。

オススメ車買取一括査定
カーセンサー
車買取・車査定情報が満載!カーセンサーは株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する車の総合情報サイトです。中古車の車買取・車査定の情報を全国各地から検索可能ですので、相場を知ってから普通自動車の買取はもちろんトラック買取も行えます。無料で複数店舗に中古車の車査定を依頼ができ、クルマを売却できます。
ズバット車買取比較
車買取の[最大10社]無料一括査定で愛車の査定額を徹底比較!手軽なネット査定で最高額がわかる!【ズバット 車買取】
ユーカーパック
車を売りたいユーザーから、車を買いたいユーザーに届くまでに、非常に多くの流通コスト、人件費がかかっています。この流通コストを大幅に削減する事で、買いたい人は安く、売りたい人は高くを実現するために作られたサービスです。一括査定で一番の課題である「電話が鳴りやまない」を解消したサービスとしても人気があります。
おすすめの記事