輸入車は新車で買うときは高く、売る時の買取価格が安いというデメリットがあります。憧れの輸入車を手に入れて、売却するときにその買取価格・下取り価格の低さに愕然とするという話も聞かれます。確かに普通にディーラーの下取りや買取店に買取を依頼すると安い買取価格で損をすることになります。したがって、輸入車は国産車以上に高く売ることを意識して売却先を考える必要があります。

この記事では、輸入車の買取価格が安い理由と、高く買い取ってもらう方法を解説していきます。

輸入車は価格の下落が大きい


輸入車は買うときは高くて、売るときに安いと言われています。これを知らずに査定に出してショックを受ける人も多いです。売るときには安くなるとわかっていても、国産車とはひと味もふた味も違う洗練されたデザインやメーカーの持つ歴史やブランドパワーに惹かれてしまう人が多いのも輸入車の特徴といえます。ではなぜ輸入車は国産車と比べて買取相場の下落が大きくなるのでしょうか?

日本では輸入車はニッチマーケット

日本で中古輸入車の買取相場が大きく下がってしまう最も大きい要因は、輸入車を欲しいと思う人が、国産車と比べて極めて少ないからです。車両価格の高額さもさることながら、メンテナンスや修理などの維持費も高額になりがちで、今でも輸入車を敬遠する人は少なくありません。

ですから、経済的余裕のある人が輸入車を新車で購入をするというケースがメインとなります。ちなみに、日本の新車販売台数はおおよそ500万台~520万台となっており、そのうち輸入車は約30万台です。輸入車の市場シェアは約6%といわゆるニッチマーケットとなっています。

これには日本特有の市場形成も関係しています。日本は世界第3位の自動車市場となっていて、国内に8社(トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバル、三菱自動車、スズキ、ダイハツ)もの自動車メーカーがひしめき合う、激戦区といわれています。

輸入車はその中で、関税というハンデを持ちながら販売競争に加わっているということです。しかも「軽自動車」という日本独自の規格があり、4割近くの販売シェアを維持しています。これらの影響から新車販売は大きく伸びず、同様に中古車で輸入車を購入するユーザーも国産車と比べとても少ないことから、中古車市場において輸入車の相場は新車販売時と比べとても低くなってしまいます。

輸入車は買い取った後のコストが高い

輸入車は各国独自の規格で製造されているため、整備や修理には日本車と比べても専門的な知識と技術が必要となります。塗装においても、高級車はコストをかけていますので板金塗装も技術とコストが多く必要です。

当然、買取店が輸入車を買い取った後も、整備や修理をして再販する際にかかるコストも日本車と比べて高くなってしまいます。一般的に買取店はそのコストを見越して査定額を提示しますから、同じような買取相場の日本車と比べると実際の買取価格は安くなってしまいます。

輸入車は査定が難しい

先述した通り、ニッチマーケットの輸入車は流通している台数が日本車と比べてとても少なくなっています。そのため、日本車をメインに買い取っている買取店が輸入車を査定する機会も少なく、車種ごとの特徴や正確な商品価値を理解していないケースが多く見られます。

輸入車専門の買取店や、圧倒的な台数を買い取っている大手買取店ではそういった知識も蓄積されていますが、中小規模の買取店では輸入車の査定は難易度が高く、買い取った後のコストや故障のリスク、相場下落を恐れて強気の査定額は提示はできないことが多くなってしまいます。

輸入車は下取りNG

新車購入の多い輸入車は、同じディーラーで乗り換えをするケースが多くなりがちですが、輸入車を高く売るには、「ディーラー下取り」はやめておくべきです。新車販売がメインのディーラーは、買取店と比べて中古車の販売ルートが少なく、取引のある買取店に売却するケースが多くなります。それであれば、あなたは最初から輸入車を正確に評価してくれる買取店で売却した方が高く買い取ってくれるに決まっています。

もちろん例外もあります。

人気車種で高年式、低走行の中古車であれば、ディーラーは「認定中古車」として直接販売をしますので、この場合は買取店よりも買取価格が高くなる場合もあります。但し、BMWならBMWのディーラーというように、同じブランドのディーラーに下取ってもらう必要があり、次に乗り換える車にも関係してしまいます。購入してから5年以内くらいで、次も同じメーカーの新車を購入しようとする人は、ディーラー下取りの方が高く売れるかもしれません。

輸入車を高く売るには

結局のところ輸入車を高く売るにはどうすべきでしょうか?

  • 輸入車専門の買取店
  • 輸入車買取に精通している大手買取店

様々な要因で、中古車買い取りには不利に働く輸入車ですが、正しく買取店を選択すれば想定以上の高価買取は実現できます。

買取店が輸入車を買い取って利益を上げるために必要なものは、

  • 商品価値を正しく見極める専門知識
  • 買い取った車をより高く販売できるルート

この二つとなります。

ですから、一般的な買取店では知識も販売ルートも不足しており、あなたの車をより高く買い取ることは事実上できません。輸入車専門店であれば、輸入車に特化した整備業者や板金塗装業者とも取引が多く、一台当たりのコストを低く抑えることができますし、

買い取った車の販売においても、輸入車専門の中古車販売店や海外バイヤーとも強いパイプを持っているため、高く販売できる可能性が高いです。自社で輸入車販売店を経営していたり、整備業を併設しているケースも多いでしょう。

また、ガリバーやアップルといった大手買取店は、輸入車に特化しているわけではありませんが、その圧倒的な買取ボリュームと実績により、買い取った後のコストは低く抑えられ、販売ルートについても、国内外に強いパイプを持っていますから、強気の買取価格を出すことができるわけです。

輸入車に強い買取店の探し方

輸入車の売却には、買取店選びがとても重要となるのはご理解いただけたと思います。しかし、輸入車専門の買取店や高額査定を期待できる買取店を一般のユーザーが容易に探すことは困難だと思います。だからといって安易に買取店を選び数万円~数十万円の損失を生むことも避けたいところです。

そんな人に絶対おすすめなのが、買取店への「一括査定サービス」の利用です。一括査定サービスは一度の情報入力で、一社から数十社までを選び一斉に出張査定の依頼ができるサービスです。カーセンサーNetや楽天などがサービスを提供していて、大手買取店や輸入車買取専門店はもちろん、全国の様々な買取店がこのサービスに登録しています。

サービス利用はすべて無料

システム利用料は一切かかりません。しかも無料で出張査定してくれる買取店がほとんどなので、気軽に試すことができます。 一括査定サイトを運営している会社は大手企業ばかりなので、登録している買取店は厳しい審査を通った優良企業ばかりなので更に安心です。 高価買取を目指すなら、是非とも試した方がいいサービスです。

一括査定.comで車買取相場の確認

一括査定依頼をする前に、愛車の大体の相場を知っておくことも重要です。買取相場を事前に知っておくことでその後の価格交渉も余裕を持って臨むことができます。一括査定サイトでは、査定依頼だけでなく各社の査定見積りをもらうことができますので是非試してみてください。

一括査定.comでは、車の買取価格・査定相場を一覧で分かりやすく公開しています。

下記の手順で確認出来ますので、試してみてください。

①一番下のメニューにある「車買取・車査定の一括査定.com」をクリックします。

②メニューにある「車買取相場」をクリックします。

③左メニューあるメーカー名から該当メーカーを選択します。


(画像出典:一括査定.com)

下記ボタンより該当ページに行きますので、参考にご覧ください。

オススメ車買取一括査定
カーセンサー
車買取・車査定情報が満載!カーセンサーは株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する車の総合情報サイトです。中古車の車買取・車査定の情報を全国各地から検索可能ですので、相場を知ってから普通自動車の買取はもちろんトラック買取も行えます。無料で複数店舗に中古車の車査定を依頼ができ、クルマを売却できます。
ズバット車買取比較
車買取の[最大10社]無料一括査定で愛車の査定額を徹底比較!手軽なネット査定で最高額がわかる!【ズバット 車買取】
ユーカーパック
車を売りたいユーザーから、車を買いたいユーザーに届くまでに、非常に多くの流通コスト、人件費がかかっています。この流通コストを大幅に削減する事で、買いたい人は安く、売りたい人は高くを実現するために作られたサービスです。一括査定で一番の課題である「電話が鳴りやまない」を解消したサービスとしても人気があります。
おすすめの記事